皆様の夢と日々の安心を支える-針ヶ谷建設お問合せはこちら
針ヶ谷建設では埼玉県 春日部市を活動拠点に、
お家のリフォームや増築などお手伝いいたします。tel/0480-38-3324 fax/0480-38-2702
トップページ.施工プラン・サンプル.各種プランのご紹介.ワンポイント・アドバイス住宅機器の情報リンク針ヶ谷建設プロファイル

城造りのプロセス

針ヶ谷建設工事記録

345-0021
埼玉県 北葛飾郡
杉戸町 北蓮沼 346−1

針ヶ谷建設工事記録

現場の現況や見えなくなる部分をどのように施工しているのか。 あるいは このようにしているんですよと言うような、文章や写真を載せながら 皆さんと質の良い家づくりをして行きたいと思います。

さらには、日進月歩の世の中の建築部門に関して学んだ事を、少しでも皆さんに知って頂くように、このブログを活用させて頂きたいと思います。



残暑お見舞申し上げます


       残暑お見舞申し上げます。

立秋も過ぎたというのに厳しい暑さが続いておりますが、皆様にはお元気でお過ごしのことと存じます。

  立秋    処暑    白露    秋分    寒露     霜降

弊社では、仕事に追われることもなく、一つ一つの仕事を納得出来るペースで進められています。 最近では、既存住宅の外壁の修繕工事(張替など)が目立っておりますが、見ていると単に張替だけをしているだけのところが多いのに気付きます。 せっかく足場を掛けて工事をするのなら、耐震補強を兼ねた工事をした方が良いのになぁと思いますが、他社での施工なのでどうしようもありません。 弊社では、リフォームなどの工事の時には必ず補強を施すように心がけています。外壁なら柱頭・柱脚にN値計算で求められた金物を取付たり、構造用面材(構造用合板など)で補強したりします。床の張替の時などは、高性能の床下断熱材を入れることも心がけています。その時に少し工事費が掛かっても快適と安全の効果を考えると結果的には安く仕上がることになるからです。 

快適と言えば 観葉植物の効果も大きいですね! 弊社では1年ほど前からグリーン風水を取り入れています。 大きなパキラは事務所のシンボルツリーとなっていて、今では天井(2.4m)を超えて天井を押し上げています(笑) 小さなパキラちゃんも負けずに新芽を毎日のように出す勢いで成長中。 驚いたことに、大きなパキラさんの幹元から植えた覚えも何もしていないのに突然、新芽が発芽してきて どうやらドラセナさんみたいです。毎日ラッキーな気分で頑張っていられるのもこの観葉植物さんたちのおかげと感謝しております。これからも皆様方には出来る限りの誠意と技術でご奉仕させて頂きたいと心の中からヤル気が湧き出しています。

パキラ(大) 大きなパキラさん

パキラ(小) 小さなパキラちゃん

突然現れたドラセナ?さん 突然現れたラッキーバンブーさん

魅力ある設計・デザインのためのTRIZ発想法セミナー受講しました


みなさんこんばんは(^o^)  暦の上では春に入りました。恩師 鹿児島幸夫先生の書いた【里のくらし 二十四節気】を開いてみると、春は立春(りっしゅん)・雨水(うすい)・啓蟄(けいちつ)・春分(しゅんぶん)・清明(せいめい)・穀雨(こくう)となっています。まだ生まれたばかりの赤ちゃんのような春、まだまだ寒い毎日 風邪など引かぬように食事には気を使って下さい。私は毎朝4時に起きて、身の回りのことを済ませてから自分で朝食を作って食べます。野菜を中心に、ニンニク、タマネギ、キャベツ、人参、モヤシなどを気分次第で炒めたり、ラーメンの中に入れたり、そして必ずご飯と一緒に食べます。だから朝はすべて元気です(笑) 本題に入りますが、昨日は小雨の降る中で 埼玉建築士会から案内のあった『魅力ある設計・デザインのためのTRIZ発想法-アイデア・創造力の新しい発見-よく効きます!!』のセミナー受講に埼玉建産連研修センター第1会議室まで行き受講しました。  講師の粕谷先生の上手な話し方でとっても興味湧き出す参考になる内容で、これからの人生にかなりプラスになる直感が体の中に走りました。 テレビで改修前と改修後、その中にいろいろなアイデアを取り入れて、素晴らしい感動的な完成場面を観せてくれる番組がありますが、まさにあのアクションに取り入れられる種がギッシリ詰っているようです。アイデアを形にするには発案のキッカケが必要ですね。その原理を絵にしてくれて、分かりやすく教えてくれたのには感激しましたm(_ _)m

40の発明原理の覚え方1

40の発明原理の覚え方1面

40の発明原理の覚え方2

40の発明原理の覚え方2面

これからは、お客様の生活に少しでも役に立つようなアイデアを盛りだくさんに取り入れて、住みよい家づくりにはげみたいと思います。ご期待下さい。

明けましてお芽出でとうございます


穏やかな新しい年が始まりました。 玄関の扉を開けると、すがすがしく輝く太陽が見えました。   私たちに休み無く与えてくれる太陽の恵みに手を合わせて感謝の言葉を返しました。

ありがとうございます

今年は巳年です。巳は生き物にたとえると蛇ですが、蛇は金運と深いかかわりがあるみたいですね。きっと今年は経済的にも良くなることと思います。富と安らげる時間と心身の健康が皆様と自分に訪れるように心からお祈りさせて頂きます。 どうか今年も宜しくお願い申し上げます。

2013年元旦

住宅の「長寿命化リフォーム」セミナーを受講しました


今年も残すところあと一ヶ月、そろそろ街並や家庭でもイルミネーションが光輝く時期になりました。皆さんも忙しさの中に来年への期待に胸をワクワクさせている人も多いのではないでしょうか・・昨日は久しぶりに大宮ソニックシティー国際会議室で開かれた住宅の「長寿命化リフォーム」のセミナーを受講してきました。今年年初に受講した耐震改修技術講習会受講後に比較的大きな耐震補強工事の依頼を受け、シッカリと仕上させて頂きました。来月から来年にかけては長寿命化リフォームの受注が増えると思って準備しています。新しく造る家ばかりではなく、今 お住いの家を、これからの社会が求めている「スマートハウス」にすることも十分可能です。今お住いの家を大切にして、長く快適に住もうとお考えの方は、お気軽にご相談下さい。

セミナー会場

講義内容は、

1.「中古住宅・リフォームトータルプラン」の概要

2.「長寿命化リフォーム」の事業事例

3.マンションリフォームの留意点

はじめに

第1段階

第2段階

第3段階

長寿命化リフォームの流れ

木造住宅の耐震改修に関する技術講習会を受講しました


今日は、午後12時45分開始の木造住宅の耐震改修に関する技術講習会を埼玉建産連研修センターで受講しました。会場はほぼ満席状態で皆さん真剣に講義を受けていました。

○耐震補強の必要性  昭和56年6月1日に施行された新耐震基準により、必要な耐力壁(筋交いの入った壁)の量(壁の長さ)、倍率(筋交いの種類)が見直されて耐震性能が大きく向上しましたが、昭和56年5月以前に着工した住宅耐震性能が低い可能性が高く、耐震診断により地震力による揺れに一定の耐力が有るか確認し、足りなければ地震の揺れにより家が倒壊する恐れが有るので耐力壁を増やさなければなりません。

○耐震診断とは  ①建築士及び建築関係者が補強の必要性を判定する「一般診断法」と②建築士が補強の要否の最終診断及び補強設計後の診断を行う「精密診断法」が有ります。ここでは「一般診断法」を使った耐震診断で進めます。

○在来工法に適した補強耐力壁 2×4(ツーバイフォー)住宅が地震に強いなどと言う事を以前はよく耳にしましたが、理由は耐力壁を面材(構造用合板)で作っているからです。面材の壁倍率は昭和56建告1100の別表第1(い)欄(1)に示す通り、7.5㎜以上の構造用合板をN50の釘で150mm間隔に打ち付けた物は2.5倍です。釘はN50で無ければ駄目です。そして重要なことは、釘の間隔が150mm以下だからといって100mm、75mmと狭くすれば良いかと言うと逆に狭すぎると性能が落ちるそうです(実験の結果)釘の打ち方も面より3mmも打込むと耐力壁の力が半分以下になる場合があるそうなので釘の打ち方には十分な注意が必要なのです。木造在来工法の場合は柱・間柱・柱のワンスパンが柱の中心で910㎜なので構造用合板も巾が910㎜だからピッタリです和室などの真壁(壁面が柱面より数cm引っ込んでいる)にも厚さ3cm以上幅4cm以上の木材を柱及び梁、けた、土台その他の横架材にN75又は同等の品質のもので30cm以下の間隔で打ち付けた受材に厚さ7.5mm以上の構造用合板をN50の釘で150㎜間隔に打ち付けた場合は壁倍率が2.5倍になります。さらに筋交い(45㎜×90㎜)と併用した場合は、筋交いの倍率2倍との和なので4.5倍になります。

○耐力不足の建物を簡単に増強 既存住宅では生活をしているので耐震補強をすると言っても家具を移動したり水周りだと設備の移動などをしなければならないので大変です。それに多額の工事費も掛かるかもしれないとつい後回しにしてしまいますが、もし大きな地震が来たら大変です。ぐしゃっと一瞬に倒れたら逃げる間もなく大きな被害が発生するかもしれませんね!昨夜私の頭の中に簡単にできる耐力不足の木造住宅をある程度強くできる方法が浮かびました。もう少し煮詰めて完成させ、少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。

謹賀新年


新年明けましておめでとうございます 今年は辰年です。辰の持つイメージは【力強く昇る】と私は感じますが 皆様はどんなイメージをされるでしょうか? 人間には願望を実現させることが出来る能力があるそうです。そういえば自分の人生を振り返ってみれば 何度か経験した記憶があります。人が想像したものはほとんどのことが実現されるのであれば 今年は皆さんと一緒に今よりもっと心休まる 「安心して過ごせる時と空間」を造って行きたいと思います。皆様には幸多い一年でありますようお祈致しますと共にどうか本年も宜しくお願い申し上げます。

2012年賀状

住宅デーに参加しました


10月最後の日曜日 紅葉もそろそろ始まる季節になりました。3月の大地震以来ブログはお休みしておりましたが 仕事は忙しく頑張ってきました。 今日は『住居る守り隊』の一員として、建設埼玉埼葛地本春日部第二支部の恒例の秋の住宅デーのお手伝いをさせて頂きました(^_^)/会場では包丁研ぎ、焼きソバやフランクフルトなど美味しい食べ物の模擬店や木工広場でのお子様連れの家族の寶物入れの箱?やプランターなどの工作で賑わいました。その他に野菜や花の直売。住居る守り隊では耐震パネルと簡易耐震診断、太陽光発電に関する展示、漆喰の手形作りと壁塗り体験、木工広場での作品のニス塗り、丸太切り(コースター作り)などなど賑やかに行われました。埼葛地本の大関さんにプランターを作ってよって言われて作らせて頂きましたら ちょうど3鉢の花が入って800円で売り出したとか…私が買おうかなと言う前にもう誰かに買われたみたいです。当り前ですよね(笑)

住宅デー現場1

住宅デー現場2

住宅デー現場3

あっと言う間に売れたプランター

3月11日の大地震


突然襲う大地震 誰でも想像を絶する恐怖に震撼させられることと思います。当社の近辺では家屋の倒壊は無かったみたいですが、瓦屋根の棟部分の崩れがところどころで発生しました。当社のお得意様の家でも瓦屋根の棟部分の被害が有り、修理を頼まれて昨日から応急処置をおこなっております。外見ではまったく被害が見当たらない家も多く、修理に際して原因などを調査しています。瓦屋根の棟部分は、現在の建築では南蛮漆喰などで強固に固定していますが、数十年前の建築では葺土で熨斗瓦を乗せてあるだけの工法がほとんどで、横揺れには弱い構造です。壊れた家と壊れない家の違いは分りませんが、今回の地震の被害を見極めて今後の仕事の参考にしたいと考えております。

IMG_0785

IMG_0798

IMG_0845

IMG_0849

一日も早く復旧に努めさせて頂きます。

今年の吉方位の西北にお水取りに行ってきました


毎年数回訪れる心がワクワクする時。 今年の祐気とり(お水取り)は家から西北の八白方位に位置する新潟県上越市五智にある【養爺清水】の湧水を取ってきました。私の家から養爺清水までの直線距離が188.6キロメートルなので祐気取りの効果のある距離が50キロメートル以上だから十分な効果が期待されると確信しています。朝の2時45分頃家を出発。関越道川越ICから藤岡JCTを経て上信越道を走り早朝の高速道路を目的達成の強い信念でハンドルも軽く(笑)

IMG_0713

しかし長野県・新潟県、雪が無いのかなぁと思っているうちに…

  IMG_0730

あっと言う間に銀世界でした。

  IMG_0732

除雪車も活躍!

IMG_0733

IMG_0737

妙高SAも雪に埋もれて

IMG_0749

やっと目的の養爺清水を探し当てました(^o^)

IMG_0745? IMG_0741

養爺清水のいわれが書いてあります。

IMG_0762

湧水も綺麗に澄んでいて水量も少ないかなと思いましたがボトルにすぐに一杯になる勢い良さでした。

IMG_0756

IMG_0752

IMG_0754

お水取りの時間は午前11時から午後1時だったので その間にすぐ近くにある海水浴場近辺を回りました。

養爺清水全景

  お水取り

いよいよお水取りを行います。まず、ご挨拶をしてから最初にコップ一杯のお水を頂きます。自分の身体の隅ずみまで吉運が満たされるように心に念じて…こういう開運法は信じる気持に左右されます。今年は節分より七赤が中宮にいますので西北に八白星がいます。3月6日より4月4日まで辛卯七赤金星、そして3月10日は甲子七赤金星、3月は陽遁期なので子の日七赤は午の時刻すなわち午前11時~午後1時。年・月・日そして時刻が全て揃う時、自分の身体とその大吉運を調和させる瞬間です。分りやすく言えば金庫の扉を開けるときに数字を揃えて鍵を回せば開きますね。数字は年・月・日・時刻で鍵は自分の心です。扉の中には大自然の壮大なパワーが満ち溢れています。数字を揃えて強く信じれば扉が開いてそれを自分の身体に満たせるのです。

IMG_0771

IMG_0769IMG_0776

帰りは道路の雪も無く安心して無事帰宅出来ました。

管理建築士講習を受講しました


昨日は早朝から一日がかりの大切な講習会に行ってきました。【管理建築士講習会】です。 我々建築士は人々の生活する基礎である建築物を安全で快適に使えるような設計及び監理をしなければなりません。さらに日常の防災に備え、安全と安心を確保する為に、知識と技術、技能を修得し、それらを駆使して安全な建築物(住宅)を造らなければなりません。 管理建築士とはそのような大切な役目の設計事務所を管理する重要な役割を持っています。大宮ソニックビルの4階にある市民ホールでの受講でした。

管理建築士講習会場

内容は、Ⅰ 建築士法・その他関係法令に関する科目『1.建築士事務所と法令 2.構造計算書偽装問題等を受けた法令改正等の経緯 3.建築士法 4.建築基準法 5.その他の法令』 Ⅱ 建築物の品質確保に関する科目『1.建築士事務所の経営管理 2.受託業務の管理 3.業務に関する苦情と紛争の予防』 でした。 最後に終了考査(試験)が有って、簡単だと言っていたので安心して問題を開いたら…1級建築士の時の問題と差がなかったような(苦笑)みんな時間ギリギリまで問題と奮闘していました。はたして結果は‥

Page 2 of 7: 1 2 3 4 5 6 7 »

TEL:0480−38−3324 FAX:0480−38−2702 お問合せはこちら
城造りのプロセス施工プラン・サンプル各種プランのご紹介ワンポイント・アドバイス
住宅機器の情報リンク針ヶ谷建設プロファイル|針ヶ谷建設工事記録個人情報ポリシーサイトマップ
春日部市 針ヶ谷建設